シンポジウム・ワークショップ・公開講座

日韓がんワークショップ

第20回 日韓がんワークショップを終えて

2015年11月30日〜12月1日に、東京汐留(ロイヤルパークホテル ザ 汐留)においてワークショップが「がん予防・診断・治療の新規標的〜20年に渡る日韓共同研究を通じて〜」をテーマとして開催されました。

初日のSpecial sessions for 20th anniversary にて

2日目の通常セッションにて


ワークショップ委員会名簿

[プログラムコーディネーター]

日本: 牛島 俊和(国立がん研究センター研究所)
  大島 正伸(金沢大学)
韓国: Dr. Eun Sook Lee (韓国National Cancer Center)
  Dr. Seung-Yong Jeong(ソウル大学)
  Dr. Kun Kook Lee(韓国National Cancer Center)

[オーガナイザー]

日本: 大木 理恵子(国立がん研究センター)
韓国: Dr. Eun Jung Park(韓国National Cancer Center)
  Dr. Keon-Wook Kang(ソウル大学)

今回は記念すべき第20回目の開催ということで、参加者は例年よりも大幅に増え、日本側からは、文科省新学術領域研究「がん支援」総括支援活動班の支援を受けた27名、および厚労省側からの3名の合計30名が参加し、韓国側からは韓国National Cancer Centerおよびソウル大学の研究者を中心に26名が参加しました。11月30日にはSpecial sessions for 20th anniversaryの中で口頭発表8演題が発表されました。12月1日は口頭発表14演題、ポスター18演題の発表および討論が行なわれ、その後の討論会では、本ワークショップの意義やがん研究について、活発な議論が行われ、交流を深めました。

初日に行われた「Special sessions for 20th anniversary」では、日本からは杉村隆先生と渋谷正史先生、湯浅保仁先生が、韓国からはDr. Jae-Gahb ParkとDr. Joo Bae Parkが、日韓がんワークショップのこれまでの歩みについてお話しされました。さらに、日本から野田哲生先生と片野田耕太先生が、韓国からDr. Geon Kook LeeとDr. Eun Sook Leeが日本と韓国におけるがん研究の方向性などについてお話しをされました。
翌日のセッションでは、河上裕先生とDr. Yung-Jue Bangが免疫療法の開発についてのお話しを、樋野興夫先生とDr. Soon-Hee Jungが中皮腫に関する最新の知見を、稲澤譲治先生とDr. Dongwan Hongが新規miRNAなどのがん関連遺伝子について、二口充先生とDr. Jong Bae Parkが骨の微小環境などにおけるがん幹細胞に関する研究について、後藤典子先生とDr. Ji-Youn HanがNRG1融合遺伝子に関する研究について、野村幸世先生とDr. Keon-Wook Kangが胃がんマーカーなどトランスレーショナルリサーチに関する研究について、さらには本ワークショップの過去のオーガナイザーから、畠山昌則先生が胃がんに関する研究について、Dr. Junho ChungがHGF抗体に関する研究についてお話しをされました。今回のワークショップでは、多岐にわたる高水準の講演によって情報交換、活発な議論が行われました。

また、ポスターセッションでは、日本からムハンマド・バグダーディ先生、チン・ヨ先生、千葉真由美先生、方軍先生、魏民先生、Han Tae-Su先生、早川芳弘先生、小井詰史朗先生、近藤豊先生が、大変興味ポスター発表をされ、熱い討論が時間いっぱい続けられました。

また、本報告に寄せて、韓国側のオーガナイザーであるDr. Eun Jung Parkからもワークショップについて以下のようにコメントをいただきました。

Dr. Eun Jung Park, one of the Korean organizers gave us her thoughts about the workshop as below.

In this memorable workshop, we had the special sessions for the 20th anniversary and the scientific sessions for two days. The founding members including Dr. Takashi Sugimura and Dr. Jae-Gahb Park opened up the special session. They made a presentation on the initial vision, goals and early activities of the Japan and Korea cancer workshop. Next, speakers provided us with the overview of the current trends of cancer and the recent cancer research trends of both countries. Their talks gave clues to future directions of this workshop based on the current status and emerging trends in cancer research. In the second day, beautiful talks about immunotherapy, mesothelioma, novel cancer related genes and targets, and cancer stem cells were given by 14 leading scientists from Japan and Korea. We also had a great time presenting about recent interesting works on the clinical and experimental cancer researches in the poster session.

The attendance of this 2015 workshop was the highest since 1995. All participants including the Presidents of NCC Japan and NCC Korea briefly looked at the meaningful contribution of this workshop to the cancer research activities in both countries, and shared information to improve their researches. Over the two decades, this joint program for cancer research has played its facilitating role in developing scientific communications and cultivating friendship. We finally discussed how to make this workshop and Japan-Korea relationship much more fruitful and how to turn this workshop into a more innovative program for cancer research in the future.

The participants from both Korea and Japan had a fruitful time with plenty of discussion about the past and future of the collaboration between the both countries.

Dr. Eun Jung Parkも書かれているように、本ワークショップは二国間の研究者交流の促進に寄与しており、これまでにも共同研究や人材交流がすすめられています。今後、日韓両国のがん研究がさらに発展する事が期待されます。
最後に、参加して頂きました全ての研究者の皆さんと、本ワークショップをコーディネートして頂いた大島正伸先生、牛島俊和先生、および本ワークショップ開催を支援して下さった文部科学省がん支援活動の国際交流委員長、石川冬木先生と総括支援活動班、中村卓郎先生に、この場をお借りしまして感謝申し上げます。

(文責:大木理恵子)

コメントを下さったDr. Eun Jung Park と大木。