研究紹介

がん研究 スポットライト

iPS細胞からがん幹細胞モデルを作成・樹立し、その応用をめざす
がん幹細胞株の樹立をめざし、再生医療およびがん研究に資するモデルを提供したい

「幹細胞〜がん幹細胞〜各がん細胞」の流れを解明する手がかりを得るために

私自身は、がん幹細胞の研究は現在、モデルを作らないとあまり詳しくはできない状況にあると思っています。このようなモデルを使って新しい実験を組めるようになったのは、おそらく初めてのことだと思いますし、いろいろな形に応用できるので未知の部分が分かってくるという実感はあります。近々、この研究論文は米科学雑誌で紹介されます。実際にモデルの確立にはまだ未知数もありますが、モデルを作り出そうとする発想がユニークなところかなと思っています。

がん幹細胞のモデルなり、がん細胞株を樹立できれば、もとの幹細胞ががん幹細胞に変わる仕組みも解明できるかもしれません。そうなれば、各部位のがんも、がん幹細胞からどのように分化してそれぞれの異なるがんになるのかも、ひょっとすると解明できるかもしれません。おそらく鶏と卵のような関係のように、どちらが先かというのは必ず問題として出てくると思います。少しでもがん細胞がいたら、そのそばにいる幹細胞が影響を受けてがん幹細胞になるということもあるでしょうし、両方が考えられますね。

さらに浸潤とか、転移とか、そういう重要な要素を選り分けていくことができると思うのです。実験では、マウスの尾の静脈に打った細胞が肺に転移して、実際に転移をみせることができましたから。

【spheroid 細胞の肺転移】

これまでの研究成果から今後はどのような展開を考えていますか?

がん幹細胞のモデルが確立できたら、次に、どうやってこのがん幹細胞を標的にできるかという戦略を立てるつもりです。というのも、がん幹細胞というのは悪性度が高いと考えられていますので、治療するときにがん幹細胞を標的にできれば、がんの根治療法につながる可能性が高いのです。現実には、がんの標的治療はわりと進んでいて、その方面の研究も進んでいるので、そういう情報と組み合わせていけば、何が一番良いかというのも段々分かってくるでしょうし、良い治療法につながるだろうとも考えています。

妹尾昌治

TEXT:阿部芳子 PHOTO:荒井邦夫
取材日:2011年12月27日

注釈
【研究論文の発表】
妹尾教授と研究チームによるこの研究論文は、米科学雑誌「PLoS One」に掲載された。