研究紹介

インタビュー

miRNA22が乳がん、子宮頸がんの増殖・転移を抑制する

老化のプログラムをオンにするmiRNAをつきとめたい――そこで、まずは老化細胞モデル系でよくつかわれるヒトの繊維芽細胞で、細胞の若い部分と老化した部分での違いをみることから始めた。マイクロアレーによる解析とあわせて、テロメナーゼをいれた遺伝子とともに比較していった結果、老化により高発現するmiRNAを複数同定することができた。

その複数候補の中から、増殖を抑える機能や老化を誘導する機能があるかを調べてmiR-22を同定した。そのmiR-22を正常繊維芽細胞にいれると、細胞老化のマーカーである細胞老化特異的ベータガラクトシダーゼ(SA-β-gal)や老化関連ヘテロクロマチンフォーカス(SAHF)がみられ、miR-22によってしっかり老化していることがわかった。

miR-22はがん細胞に老化を誘導し増殖抑制する

miR-22を導入した子宮頸がん細胞は、細胞の巨大化や扁平化が起こり細胞増殖が抑制されたことがわかる(写真はいずれも同倍率で撮影)


miRNA22が同定できたところで、今度はがん細胞でmiR-22の発現が低下しているかを調べると、正常細胞と比較して多くのがん細胞株miR-22が大幅に低下。とりわけ乳がんや子宮頸がん細胞(SiHa)でそれが顕著なことがわかり、さらにスキッドマウスに乳がんの高転移がん細胞(MDA-MB-231-luc-D3H2LN)を移植して腫瘍を形成させ、これにmiR-22を皮下投与したところ、原発巣での腫瘍ばかりか各臓器での転移を抑制したことがわかったのだ。

miR-22はin vivo乳がんの増殖・転移を抑制できる

「miR-22の投与によりこれだけがんが抑制できるということから、われわれの体の中では老化のプログラムががん化に非常に重要にかかわり、それがなくなるせいでがん化が促進されていくことがわかってきた。とはいえ、これ1つきりではなく、ほかにも候補は複数あがっています」と田原教授は説明する。
いまのところmiR-22が老化を誘導することでがん細胞の増殖を抑えたと確認できたのは、転移性の強い乳がんと子宮頸がんに限るが、今後さらに別のがんでも解明されていかなければならないと田原教授は考えている。「その場合、もしかするとほかのがん細胞ではmiR-22ではなく、違うmiRNAが老化を誘導していることがわかるかもしれません。もちろん臓器によって、老化誘導が違えばmiRNAも違ってくると考えています。また、1つのmiRNAは100種類くらいの遺伝子を抑制できる機能をもっており、老化に重要なmiRNAは老化シグナルに重要な遺伝子ネットワークを複数抑制できるのではないか、と考えています」