研究紹介

がん抑制遺伝子の機能解析から、新たながん治療戦略を提示する 九州大学生体防御医学研究所 ゲノム機能制御学部門 ゲノム腫瘍学分野 鈴木 聡 教授 私たち人間には、がんの発症や進展に作用する遺伝子があることが知られている。
がん抑制遺伝子と病気とのかかわりの解明を目指して

私たちの細胞には、細胞外の物質の取り込みや、細胞内での物質の輸送などの様々な機能があり、その指令書となっているのが遺伝子だ。遺伝子の中で、細胞の増殖を促進したり、分化を抑制する働きをし、過剰に活性化するとがんに至る遺伝子は「がん遺伝子」、細胞の増殖を抑制したり、分化を促進したり、老化した細胞が自ら死ぬアポトーシスという現象を起こしたりする働きをし、その機能が抑制されるとがんに至る遺伝子は、「がん抑制遺伝子」と呼ばれる。

正常な細胞では、これらがん遺伝子やがん抑制遺伝子が適切に制御されることによって、細胞の増殖と分化が巧妙に調節されている。しかし、がん遺伝子からつくられるタンパク質が過剰に活性化されたり、がん抑制遺伝子からつくられるタンパク質の働きが失われると、細胞は未分化なまま増殖し続けて、がん化してしまう。

しかし、がん抑制遺伝子の変異によって細胞ががん化するメカニズムには、まだ謎が多い。「私の研究の目標は、がん抑制遺伝子異常による病気の発症メカニズムを解明することです」。こう語る鈴木教授は、数多くあるがん抑制遺伝子の中でも、PTEN、p53、Hippoの3種類の遺伝子経路に着目して研究を進めている。

マウスを「診療」して、ヒトがんのメカニズムを解明したい

鈴木教授ががん抑制遺伝子の研究に興味をもったのは、血液内科医時代にがん患者を診療したことがきっかけだという。「患者さんを診察するようにマウスを解析して、個体レベルでがんのメカニズムを解明したいと考えました。そこで海外留学中から遺伝子改変マウスを使った研究をはじめ、帰国後にもがん抑制遺伝子を除去した遺伝子改変マウスを作製して、がんの発症・進展メカニズムを研究することにしました」と鈴木教授は振り返る。そして、まずPTENの研究に着手した。がん抑制遺伝子のうち、全種類のがんで遺伝子変異を起こしている頻度が最も高いのはp53で、PTENはそれに次いで高い。

遺伝子改変マウスを用いた研究の結果、白血病やリンパ腫などの血液のがん、皮膚がん、肝臓がんなど、様々ながんにPTENの変異がかかわっていることが明らかになった。また、PTENの変異が、がんに対する免疫機能を低下させたり、がんに栄養を供給する血管の新生を亢進することも明らかになった。

【PTENの変異ががんに及ぼす影響】

PTENの変異は、単に細胞のがん化を促進するだけではなく、がんの転移や浸潤を促進して、がんを悪化させる要因となる。

鈴木 聡
鈴木 聡(すずき・あきら)
九州大学生体防御医学研究所 ゲノム機能制御学部門 ゲノム腫瘍学分野 教授

1985年 秋田大学医学部医学科卒業。その後、内科医(血液内科医)として勤務
1992年 京都大学大学院医学研究科内科系専攻修了(井村裕夫教授)
1993年 オンタリオがん研究所(トロント大学、Tak Mak教授)に研究留学
1998年 東北大学加齢医学研究所病態臓器構築研究分野講師(福本 学教授)
1999年 大阪大学微生物病研究所遺伝子動態研究分野講師(仲野 徹教授)
2001年 秋田大学医学部生化学第二講座教授
2002年 文部科学省21世紀 COEプログラム「細胞の運命決定制御」コアメンバー兼任
2005年 同プログラムリーダー(〜2007年)、秋田大学バイオサイエンス教育研究センターセンター長兼任(〜2007年)
2007年 群馬大学・秋田大学グローバルCOEプログラム「生体調節シグナルの統合的研究」コアメンバー兼任(〜2012年)
2007年 九州大学生体防御医学研究所ゲノム機能制御学部門ゲノム腫瘍学分野教授。同研究所発生工学実験室長


注釈
【PTEN】
Phosphatase and Tensin Homolog Deleted from Chromosome 10の略で、「ピーテン」と読む。ホスファチジルイノシトール-3,4,5-三リン酸(PIP3)を脱リン酸化する酵素。