研究紹介

免疫賦活剤“アジュバント”を開発し、がんワクチン療法の効果を高める 北海道大学 大学院医学研究科 免疫学分野 瀬谷 司 教授 手術、放射線療法、化学療法につづく第4のがん治療法として、人間が本来もっている免疫の働きを目覚めさせ、がん細胞を攻撃するように仕向ける「免疫療法」が注目されている。がんワクチンを利用した治療法では、免疫を増強させるアジュバントと呼ばれる物質を併用することで、ワクチンの効果を高めることができる。瀬谷教授らは、低毒性のRNAアジュバントを独自に開発し、実用化への道を進めている。
免疫を利用したがんの治療

私たちの体には、細菌やウイルスなどの異物が体内に侵入してきたとき、それを“抗原”と見なして攻撃し、排除するための免疫システムが備わっている。体外から入ってきたものだけではなく、体内にあるものを抗原と見なすこともある。がんがそうである。

がん細胞は正常な細胞が変異したもので、健康な人でも1日に数千個ものがん細胞が発生していると言われている。それにもかかわらず、必ずしもがんにならないのは、体内に生じたがん細胞はすぐさま免疫システムによる攻撃を受け、排除されるからだ。しかし、免疫の監視を回避してがん細胞が増えると、腫瘍が形成される。その後多段階の遺伝子変異に起因する悪性化により、がんが発症してしまうのである。免疫がほんとうにがんを抑えている証拠は、最近の抗体による分子標的療法から示された。免疫細胞がPD-1/PD-L1という抑制分子を発現していて、これを抗体で阻害するとがん細胞を傷害する(がんは退縮する)ようになる。

そこで、免疫の力をもう一度呼び起こしたり、ワクチンを用いてがん細胞だけを攻撃するように仕向けたりするのが、がんのワクチン免疫療法である。

がん細胞には遺伝子の変異を反映した、正常細胞にはない目印となる分子が存在する。この目印となる分子の一部を人工的に合成したものを「がんペプチドワクチン」という。がんペプチドワクチンを注射すると、これを抗原と見なして体内の免疫細胞が活性化し、もとの分子をもつがん細胞を攻撃するようになるわけだ。この方法では、正常細胞は損傷を受けないことから、がんペプチドワクチンは副作用の少ないがんの治療法として期待されている。

瀬谷 司
瀬谷 司(せや つかさ)
北海道大学 大学院医学研究科 免疫学分野 教授

1976年 北海道大学医学部医学科卒業
1976年 北海道大学医学部附属病院1内科医員
1980年 北海道大学薬学部衛生化学部門研究生
1984年 北海道大学薬学部衛生化学講座研究生終了(1984年 薬学博士)
1984年 米国ワシントン大学(セントルイス)微生物・免疫学講座
1987年 医学博士
1987年 大阪府立成人病センター研究所免疫学部門
1998年 同部長、奈良先端科学技術大学院大学連携講座客員教授(兼担、〜2004年)
2001年 同研究所長
2004年 北海道大学大学院医学研究科感染症制御学(現免疫学)分野教授
2006年 北海道大学生命科学院生命医薬学研究科教授(兼担、〜09年)