研究紹介

インタビュー

がん細胞は、なぜ免疫機構に排除されずに増殖できるのか

免疫防御機構をものともせず生き残ってきたがん細胞に、果たして「免疫療法」という治療法は効果があるのだろうか。河上教授は常にこの疑問から離れられない。

免疫の仕組みを、河上教授はやさしく説明した(下図)。「普通、どのようにして免疫が起こるかというと、例えば、インフルエンザワクチンを打つと、樹状細胞がインフルエンザを取り込んでリンパ管を流れていく。そして、リンパ節で、血液からインフルエンザを認識するT細胞が流れてくると即、反応して、ねずみ算式にT細胞が増える。増えて再び血液を回って行き、また鼻や口から感染したインフルエンザをやっつける。がんの場合、がん抗原を打つと、樹状細胞が取り込んでリンパ節に行き、そこでがんをやっつけるリンパ球を増やして、また体に回ってきてがんをやっつける、免疫はそういう循環システムになっています」

しかし、体のどこかにがんができると、免疫を抑える物質や細胞が増えて、がんに対する免疫にブレーキがかかり、免疫が働きにくくなる。そうなると、がんの増殖・浸潤が促進される。がんからは、がん抗原を取り込んだ樹状細胞が流れていき、本来ならリンパ節でがんをやっつけるリンパ球が増えるはずであるが、がんから免疫抑制物質が多く出ているためにリンパ節が機能せず、がんをやっつけるリンパ球が増殖できない状態になる。がん細胞と他の細胞との相互作用が常に起きているのだ。

普通、体は異物が入ると反応して免疫機能が活性化される(免疫が上がる)。しかし、活性化されたままだと体が壊れてしまうから、普通の状態に戻るための機構(ブレーキ役)がある(免疫が下がる)。また、人間の免疫は自己免疫寛容という、自分の体を壊さないように抑えるシステムができている。もし、自分の体を壊し出すようなら、それは自己免疫疾患という病気になる。症状はそれぞれ異なるが、バセドー病など多くの自己免疫疾患が知られている。

いろいろ調べた結果、がんの場合、がん細胞が増えていくと、前述のように、本来有害な免疫反応を抑えるためのブレーキである免疫を抑制する機構をどんどん働かして、結局体が免疫を起こしにくくさせる。つまり、がん細胞は、体に備わっている免疫を抑える機構を“悪用している”ということが分かったのだ。がんの早期なら局所的な免疫抑制、ひどくなると全身性の免疫抑制になる。

「私はヒトがん抗原を見つけて、がん患者のがん免疫応答を調べてきましたが、今、僕らが優先的に研究しているのは“がんがあるとどうして免疫が抑制されるのか”という問題です。さっき、正常でも使われている仕組みをがんは悪用していると言いましたが、免疫系の機構は何十とあるので、そういうものを調べていき、免疫が抑制されている状態を改善できないかと。例えば、薬を投与してあまり免疫が抑制されないようにしておいてからがんワクチンをうつとか……。がんワクチンと免疫抑制を改善するような薬を併用すると、今まであまり効かなかったがんワクチンが効くのではないか、というのが1つの課題です」

【がん関連微少環境における免疫病態】
がん関連微少環境における免疫病態

がんの進展とともに、全身の免疫組織や骨髄などにおいて免疫抑制状態になるが、全身性免疫抑制が少ない早期でも、がん組織や所属リンパ節などの局所では、樹状細胞やT細胞などの機能低下、免疫抑制性細胞群の増加が認められ、抗腫瘍免疫応答が阻害されている。

注釈
【樹状細胞】
ラルフ・スタインマン(Ralph Steinman)博士は、樹状細胞の発見・研究により、2011年ノーベル医学・生理学賞を受賞した。博士は膵臓癌になり、自らが見つけた樹状細胞を用いたワクチンで治療していた。河上教授も樹状細胞ワクチンの臨床試験を進めている。