研究紹介

インタビュー
感染しても発症しない人がいるのはなぜか

大学院時代からATLの研究に携わってきた神奈木教授は、HTLV-1感染後の発症予防を目指してきた。「HTLV-1に感染しても、大部分の人は発症しません。発症する人と発症しない人の間にどんな違いがあるのかを調べれば、腫瘍化を抑えるしくみにどんなものがあるかを探ることができます」と説明する。

HTLV-1に感染してもATLを発症しない人は、HTLV-1に対する免疫の働きをもっていることが考えられた。一般に、ウイルスに対する防御機構としては、T細胞による免疫が重要である。特に、CD8陽性T細胞(細胞傷害性T細胞:CTL)は、ウイルスや細菌に感染した細胞を破壊する重要な役割を担っている。一方、HTLV-1が感染する細胞はCD4陽性T細胞(ヘルパーT細胞)である。

これまで、ATLを発症した人は、CTLのHTLV-1に対する応答が弱いことが知られていた。一方、神奈木教授らがヒトと同様にHTLV-1に感染するラットを用いて動物実験を行ったところ、HTLV-1に感染しても、感染した動物の免疫が十分に働けば、感染細胞の増殖が抑えられる可能性が示された。そこで、神奈木教授らはCTLの応答をさらに詳しく調べた。

まず、ラットの細胞にHTLV-1を感染させ培養した。このHTLV-1感染細胞を、T細胞をつくることができず免疫が正常に働かないヌードラットに接種したところ、リンパ腫を起こした。しかし、免疫が正常に働くラットに接種してもリンパ腫はできなかった。リンパ腫のできなかったラットを調べてみると、HTLV-1がもつTaxというタンパク質に応答するCTL(Tax特異的CTL)が働いていることがわかった。TaxはHTLV-1感染細胞が増殖するのに重要な役割をしているタンパク質である。

次に、正常ラットにTaxを標的としたワクチンを投与して、Tax特異的CTLをつくらせた。このTax特異的CTLを、上の方法でリンパ腫を起こさせたヌードラットに移入したところ、リンパ腫が小さくなった。

こうして、ウイルスに感染しても、Tax特異的CTLがちゃんと働いている場合は、発症しないこと、さらに、Tax特異的CTLがなくても、外部から補えば腫瘍化を抑えられることが証明された。

【Taxペプチドに応答するCTLにより、腫瘍化が抑えられる】

T細胞をつくることのできないヌードラットにHTLV-1感染細胞を接種したところリンパ腫ができた。Taxペプチドによる免疫を行った正常ラットのT細胞を移入するとヌードラットのリンパ腫が小さくなり、抗腫瘍効果が現れた。Trends in Microbiology 12: 346-352, 2004から改変。