研究紹介

インタビュー

ポリメラーゼηは、DNAの傷をもったまま複製を進める

花岡教授らが発見したポルηは、傷をもったままのDNAを複製できる酵素だった。TLSとよばれるこのしくみは、大腸菌からヒトまで高度に保存されていた。ポルηの発見後、数年間で色々な生物から複数のTLS型ポリメラーゼが見付かり、それらはアミノ酸配列上、それまでのDNAポリメラーゼとは大きく異なる特徴をもつことから「Yファミリーポリメラーゼ」と呼ばれるようになった。これまでに、「損傷部位で複製型ポリメラーゼが停止すると、PCNAという複製の補助因子にユビキチンという小さなタンパク質が1つだけ結合し、そこへポルηも結合できるようになり、損傷を乗り越えられるようになること」、「損傷を乗り越えると、ユビキチンとポルηがはずれ、複製型ポリメラーゼが結合して複製が先に進むこと」などが明らかにされている。

DNAの傷が修復されないまま複製されることに問題はないのだろうか。傷が細胞増殖に関わる遺伝子内にあった場合には、がん化につながる可能性があると考えられる。「実は、最新の研究によって、紫外線が誘発するDNAの傷については、乗り越え機構がはたらき、その後の複製過程できちんと修復される(つまり、異常になった塩基が、正しい塩基に置換される)ことがわかってきています。そして、このTLSこそが、細胞がDNA損傷に対応するメインの機構だと考えられるようになってきています」。花岡教授は、そう話す。


【ヒトPolηはCPDをハードル選手のように乗り越える】
ヒトPolηはCPDをハードル選手のように乗り越える