研究紹介

インタビュー
一個の細胞のかたちを決める細胞極性タンパク質から組織のかたちの形成維持機構に迫る。横浜市立大学 大学院医学研究科 分子細胞生物学 大野茂男教授

個々の細胞の「極性」を制御する遺伝子群が、組織のかたちの形成に重要な役割を果たしていることがわかってきた。大野教授は、これを担う細胞極性遺伝子群の解析を通じて、細胞の集合体である組織の、かたちを制御するメカニズムに迫ろうとしている。

インタビューを読む

遺伝性乳がんの発がんメカニズムと細胞の中心体制御能との関連を探る。東北大学加齢医学研究所 腫瘍生物学分野 千葉奈津子教授

細胞分裂の際、核の横にある中心体の制御能の破綻とBRCA1変異による発がんメカニズムとの関連に着目した。臨床で得たヒントを基礎研究に活かしながら新たな診断マーカーや治療の開発につながる特定分子の同定とその機能解析にとりくんでいる。

インタビューを読む

脱ユビキチン化異常による、クッシング病発症のメカニズムに迫る!東京工業大学大学院 生命理工学研究科 生体システム専攻 駒田雅之教授

生体としての機能が秩序立って維持されるのは、細胞分裂の時期と回数が個体レベルで厳密に制御されているからだ。駒田教授は、細胞分裂とは逆の「増殖を抑制する方向」にはたらく機構の解明を進め、その異常が脳下垂体に良性腫瘍ができるクッシング病を引き起こすことを突き止めた。

インタビューを読む

がん幹細胞モデルを駆使し、がんの免疫回避や血管複合体形成の謎に迫る。慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所 遺伝子制御研究部門 佐谷秀行教授

正常組織の細胞に複数の遺伝子を導入することで「人工的にがん幹細胞を作り出すシステム」を確立し、最大限に活用することで、がん幹細胞の動態解明を続けている。佐谷教授は脳腫瘍専門医だった経験も生かし、がん幹細胞をターゲットにした新たな治療を模索している。

インタビューを読む

多色細胞系譜追跡法が可能にする、がん幹細胞の同定と動態解析。関西医科大学医学部病理学第一講座 上野博夫教授

人体のほとんどの組織細胞は経時的に新しい細胞と置き換わることが知られており、そのほとんどが組織ごとに存在する「組織幹細胞」によって供給されていると想定されている。近年、「がん細胞も、がん幹細胞から供給される」とするモデルが提唱され、注目を集めている。

インタビューを読む

白血病幹細胞や骨髄ニッチをターゲットにした治療法を開発し白血病の再発を防ぐ 京都大学 大学院医学研究科 輸血細胞治療部 前川平教授

「血液のがん」である白血病は、かつては不治の病といわれたが、抗がん剤や移植療法、また近年の分子標的薬の登場によって、生存率が飛躍的に向上した。しかし、いまだ再発する症例も少なくない。

インタビューを読む

免疫賦活剤アジュバントを開発し、がんワクチン療法の効果を高める 北海道大学大学院医学研究科免疫学分野 瀬谷司教授

がんワクチンを利用した治療法では、免疫を増強させるアジュバントと呼ばれる物質を併用することで、ワクチンの効果を高めることができる。瀬谷教授らは、低毒性のRNAアジュバントを独自に開発し、実用化への道を進めている。

インタビューを読む

成人T細胞白血病の発症に関わる遺伝子異常を明らかに 宮崎大学医学部機能制御学講座腫瘍生化学分野 森下和広教授

「成人T細胞白血病(ATL)」はウイルス性の血液がんで、急性型を発症した人の約半数が1年以内に亡くなるといわれる。白血病細胞のゲノム異常を網羅的に解析し、発症に関わる遺伝子を明らかにするとともに、治療法を開発している。

インタビューを読む

がん幹細胞を標的としたアカデミア創薬 大阪大学大学院医学系研究科 癌創薬プロファイリング学 石井秀始特任教授

代謝を制御することで、がん幹細胞を死滅させ、がんを根治する核酸医薬の実現をめざしている。アカデミアならではのシーズを薬にまで育てたいという強い思いがその背景にある。

インタビューを読む

生体イメージングでがんの浸潤や転移の機構を探る 大阪大学大学院医学系研究科/生命機能研究科 石井優教授

がん細胞には、離れた部分に飛び火して広がる「転移」や、まわりの組織に広がる「浸潤」という性質がある。生体イメージング技術を駆使し、体内のがん細胞の動きを明らかにすることで、がんの浸潤や転移の機構を解明しようとしている。

インタビューを読む

エピゲノムをターゲットにしたがんの診断法と治療法の開発 名古屋市立大学大学院医学研究科 遺伝子制御学分野 近藤豊教授

私たちは1人1人決まった遺伝情報をもっているが、どの遺伝子をオン/オフにするかは細胞の種類によって異なり、また環境によって後天的に変化する。エピゲノム異常を標的としたがんの診断法や治療薬の開発に取り組んでいる。

インタビューを読む

がんの敵から味方へと変化する分子TGF-βの研究で、新たながん治療を目指す 東京大学 大学院医学系研究科 研究科長・分子病理学分野 宮園浩平教授

がんの発生・進展・転移には、細胞がつくる様々な分子が関わっている。それらのうち、TGF-βという分子は、早期のがんに対しては増殖を抑制し、進行期のがんに対しては浸潤・転移を促すと考えられている。

インタビューを読む

がん幹細胞を維持する機構を解明し、悪性乳がんの治療法開発を目指す 東京大学医科学研究所分子発癌分野 井上純一郎教授

がんの根治を難しくしている要因として「がん幹細胞」の存在が近年明らかになってきた。井上教授は、悪性で有効な治療標的分子がまだ見つかっていないBasal-like乳がんにおいて、NF-κBというタンパク質が、がん幹細胞の維持に重要な役割を果たしていることを明らかにした。

インタビューを読む

原因ウイルス感染後の免疫制御で成人T細胞白血病の発症予防を目指す 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 免疫治療学分野 神奈木真理教授

成人T細胞白血病(ATL)はウイルスによって引き起こされる白血病で、ウイルス保持者は日本に100万人以上いると推測される。神奈木教授は、ウイルスに感染したときの免疫機構を明らかにし、治療や発症予防のためのワクチン開発に取り組んでいる。

インタビューを読む

過剰な鉄ががんを引き起こすメカニズムを個体レベルで明らかに 名古屋大学大学院医学系研究科 生体反応病理学 豊國伸哉教授

豊國教授は、体内の過剰な鉄が酸化ストレスを引き起こすことに着目し、過剰鉄が がんを引き起こすメカニズムを解明。中皮腫の発症機構解明にも結びついた。

インタビューを読む

がん転移を促進するがん間質のしくみを探る 順天堂大学医学部 病理・腫瘍学 折茂彰准教授

がん細胞の周囲に存在する間質は、がん細胞の増殖を促進する。間質の線維芽細胞に着目した折茂准教授は、間質が、がんの転移のメカニズムを解く重要なカギを握っていると考えた。

インタビューを読む

がんゲノムとRNA分子の総合的な解読からがんの謎を解く 国立がん研究センター研究所 ゲノム研究グループ がんゲノミクス研究分野 柴田 龍弘分野長

がんゲノムを分析することにより、がん診断や治療法探索に新たな視点を示す。最新の第三世代シーケンサーを駆使して、がん細胞中の未知なるRNA分子をも解析に加え、がんのさらなる深い理解を目指す。

インタビューを読む

がん抑制遺伝子の機能解析から、新たながん治療戦略を提示する 九州大学生体防御医学研究所 ゲノム機能制御学部門 ゲノム腫瘍学分野 鈴木聡教授

私たち人間には、がんの発症や進展に作用する遺伝子があることが知られている。鈴木教授は、遺伝子の未知の働きや、がんとの関わりを解明し、臨床への応用を目指す。

インタビューを読む

DNAの損傷を乗り越え、そのまま複製を進めるポリメラーゼを発見!その多彩な機能を探る 学習院大学理学部生命科学科 花岡文雄教授

生物の遺伝情報を担うDNAは2本の鎖がらせんを描いている極細なひもである。二重らせんは化学的に安定な構造とされるが、紫外線、活性酸素、ベンツピレンなどによって損傷を受ける。学習院大学の花岡文雄教授らは、細胞に「DNAの傷を乗り越えて複製するための酵素」を発見し、その機能解析を進めている。

インタビューを読む

細胞老化の二面性 −がん抑制とがん促進− 公益財団法人がん研究会がん研究所がん生物部 大谷直子 主任研究員

生体内で長く生存し蓄積される細胞老化を起こした細胞は、がん化を促進する作用があるという疑いが出てきた。長年、細胞老化の機構を研究してきた大谷研究員は、がん微小環境での細胞老化の機能を解明することが、将来的ながん予防や健康長寿につながると考えている。

インタビューを読む

「上皮から成る管」の形成基盤を明らかにし、がんの浸潤や転移のしくみにもせまる 大阪大学大学院医学研究科分子病態生化学 菊池章教授

菊池教授は、生物のかたちづくりには細胞の増殖・極性・運動の協調的働きが重要だと考え、液性因子や接着による制御メカニズムの解明を進め、一方で、がんの悪性化との関連についての解析も行っている。

インタビューを読む

p53の多彩な機能の解明へ 千葉大学大学院医学研究院 細胞治療内科学 田中知明 講師

ゲノムの守護神、がん抑制作用などさまざまな機能をもつp53の研究は究めれば究めるほど謎が深まっていくという。それでも弛むことなく研究を続ければ、がん幹細胞標的治療の道も拓けると信じている。

インタビューを読む

大規模な集団を対象に、環境要因、遺伝子型と発がんの関連を探る 愛知県がんセンター研究所 疫学・予防部 田中英夫部長

大規模な集団と対象疾患を設定したうえで長期間にわたる観察を行い、得られた結果を集計・解析することで、疾患の原因、病態、予防法などの解明に役立てる疫学研究をコホートという。田中英夫部長らは、従来の方法に「遺伝子型のちがいの情報」を加え、さまざまながんの発症との関連について解析を行う。

インタビューを読む

広い視野で培った創薬研究と技術力で、新たながん治療の開発をめざす 千葉県がんセンター 永瀬浩喜 研究所長

臨床医から遺伝学研究者に転身して20年余り、がん化をもたらす遺伝子を標的とした創薬研究と遺伝子発現を自由に操作する技術開発により新たながん治療を模索する日々はつづく。

インタビューを読む

生体内のがん細胞をリアルタイムでイメージング 実際の挙動を目で見るから理解が深まり、診断や治療に貢献する成果が期待できる 愛媛大学大学院医学系研究科 分子病態医学分野 今村健志教授

細胞を可視化するイメージングシステムの研究に注目が集まっている。これまでは知り得なかった細胞の増殖や移動の様子が手に取るようにわかるという。百聞は一見に如かず。今まさに新しいがん研究の扉が開かれようとしている。

インタビューを読む

乳がんと肺がんに役立つバイオマーカー、分子標的の開発をめざす 東京大学医科学研究所分子療法分野/がん分子標的研究グループ 旧システム生命医科学技術開発共同研究ユニット 後藤典子 特任准教授

乳がん幹細胞はどこから発生するのか、そして、肺がんの増殖因子シグナル伝達による複雑な増殖メカニズムはどこまで解明できるのか。分子システム生物学を駆使して、未整備な領域で分子標的抗がん剤の開発をめざしていきたい。

インタビューを読む

がん細胞に老化を誘導するmiRNAを同定し、次世代型のがん治療薬と診断マーカーを開発したい 広島大学大学院医歯薬学保健学研究院 田原栄俊 教授

細胞の老化にかかわるmiR-22が、不死化したがん細胞に「老化」を誘導させてがんの増殖・転移を抑制しようという画期的なアイディアから、次世代型の核酸医薬品及び早期診断のためのマーカー開発をめざす。

インタビューを読む

長年の白血病研究と放射線研究で蓄積されたデータから人々がもつ「放射線と発がん」の不安に応えていきたい 広島大学原爆放射線医科学研究所/がん分子病態研究分野 稲葉俊哉 教授

2011年3月以降、人々の「放射線と発がん」に対する不安は募るばかり。放射線研究の専門家が見解を求められる場がにわかに増えた。長年の白血病研究と放射線研究に基づく科学的根拠と冷静な分析によりいたずらに不安をあおることなく、正しくこわがるための指針を示していきたい。

インタビューを読む

ヒト免疫ネットワークを解析し、より効果の高いがん免疫療法の実現へ 慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所 所長 細胞情報研究部門 河上裕 教授

ヒト免疫を人為的に制御することはどこまで可能か。トランスレーショナル・リサーチの手法を駆使して 未解明の免疫領域を探索、新しいがん免疫療法の開発をめざす。

インタビューを読む

消化器がん発症の分子機構を解明して革新的な治療法の開発をめざす 慶應義塾大学薬学部 薬物治療学講座 齋藤義正 准教授

消化器がんの発がん過程でのマイクロRNAの発現異常やエピジェネティクス 異常を解析し、慢性炎症に伴うエピジェネティクスとマイクロRNAのクロス トークの破綻による発がんの分子機構の解明を試み、治療法の開発をめざす。

インタビューを読む

新しい抗がん剤の開発と分子薬理研究の発展 公益財団法人がん研究会がん化学療法センター 矢守隆夫 部長

抗がん物質の探索、分子標的の予測などを可能にさせるがん分子標的治療研究に役立つ情報システムを立ち上げ、タンパク質の機能解明も視野に、革新的な創薬への道を開く。

インタビューを読む

ウイルスで新しいがん療法の開発をめざす 鳥取大学大学院医学系研究科 中村貴史 准教授

がんウイルス療法は、発展途上段階にある遺伝子治療の新しい分野だ。生きたウイルスをがん細胞に感染させ増殖させて、直接がんを死滅させる。日本独自のワクチン・ウイルスにがん治療へのあらたな使命が与えられた。

インタビューを読む

酵素の機能コントロールでがん増殖を抑制する 東京大学医科学研究所 幹細胞治療研究センター 幹細胞ダイナミクス解析分野 Beate Heissig(ベアーテ・ハイジッヒ)准教授

血液のがんと呼ばれる白血病やリンパ腫の治療に酵素が役立つ。タンパク質を主成分とする多種多様な酵素群の中から、がん細胞を標的にできる酵素を見つけ、その機能を変えることで、がん細胞の浸潤や転移を阻害し、がん増殖の抑制をめざす。

インタビューを読む

消化器がんへ革新的な医療を 大腸上皮幹細胞の加齢による変化と発がんへの関与 大阪大学大学院 医学系研究科消化器外科学 森正樹 教授

がんの治療を困難にしている根源は「がん幹細胞」の存在だ。がんの本丸とも言える消化器がんのがん幹細胞を標的として、ピンポイントで攻撃できる、副作用の低い、高精度の医療の実現をめざす。

インタビューを読む

ピロリ菌感染による発ガンの制御 東京大学大学院医学系研究科・医学部 病因・病理学専攻 微生物学講座 畠山昌則教授

感染・炎症が加速する発がんスパイラルとはーピロリ菌やパピローマウイルス、肝炎ウイルス、白血病ウイルスなどの持続感染を基盤に発症する感染がんは、全世界がん死亡の約20%を占める。これら感染がんの発症における宿主応答としての炎症の役割を明らかにし、画期的な予防・治療法の開発につなげる。

インタビューを読む

スパコンでがんのシステムを暴き、がんを御すシステムがん研究 システム的統合理解に基づくがんの先端的診断、治療、予防法の開発 東京大学医科学研究所 宮野悟 教授

個人のがんシステムをデジタル化するには。スーパーコンピューターインフラと最先端の生命システム解析技術を生かし、現在のがん研究が直面している限界を超えて、がん研究の水準を飛躍的に向上・強化させる。

インタビューを読む

血管領域でがんを潰す 腫瘍微小環境によるがん細胞悪性変化の分子メカニズムの解明 大阪大学微生物病研究所 情報伝達分野 高倉伸幸 教授

がん幹細胞の自己複製はどのような分子で誘導されるのか。腫瘍周辺の血管領域を解明して、がん幹細胞の分子標的薬剤の開発を行う。そして、ニッチの破綻と、がん幹細胞の細胞死の誘導で、がんを根治する治療の開発をめざす。

インタビューを読む

早期鑑別困難なGISTの血清マーカー開発と増殖転移能の解明を目指す

香川大学 医学系研究科 消化器神経内科講座 講師 小原 英幹
GISTを含む消化管粘膜下腫瘍は早期の段階ほど、従来の検査法では診断が困難とされてきた。そこで臨床医の立場から画期的な検査方法を開発。今後はGISTの血清マーカーや転移能解明の研究を推進し一刻も早く患者さんの負担軽減、オーダーメイド医療につなげたいと考える。

インタビューを読む
病理画像をデータ化して予後診断や新たながん治療に役立てたい

信州大学医学部病理組織学講座 助教 山本 陽一朗
がんで亡くなる方の9割近くは転移によるとされるなか、物理学の視点から細胞の動きを研究し続けてきた芳賀教授は、がん細胞の動きとストレスを受けて悪性化する現象に注目し、そのメカニズムや原因を追究しつづけている。がん細胞の浸潤・転移していく動きが解明できれば、新たながん治療につながるはずとの期待をもって。

インタビューを読む
「転移の芽」となるがん細胞を分子レベルで解析する

神戸大学大学院医学研究科 分子細胞生物学分野 准教授 下野 洋平
がんは転移すると依然として完治が難しいとされる。下野博士は、乳がん患者さんの手術検体を活用した生体モデルを用いて転移の初期段階にある「転移の芽」を分離し、その性質を分子レベルで解析している。長年培った「がん幹細胞」に関する知見を応用して、がんが転移する初期のメカニズムを明らかにすることで、がん転移をそれが明らかになる前に克服する方法を見出すことを目指している。

インタビューを読む
長鎖ncRNAを、放射線治療の効果予測マーカーに用いる

東京大学医学部附属病院 病理部 特任助教 宮川 隆
同じ臓器や組織のがんでも、患者さんごとに放射線治療の効果が異なる。宮川博士は、XISTという長鎖のncRNAが、子宮頸がんに対する放射線治療の効果推定マーカーの候補になりうることを突き止めるとともに、新たなマーカー候補探索や背景にある分子基盤解明を進めている。

インタビューを読む
ELAS1のアポトーシス亢進能を応用し新規がん治療の開拓を目指す

大阪大学微生物病研究所 教授 野島 博
癌細胞を効率よくアポトーシス(細胞死)誘導するELAS1を開発した野島教授はこのペプチドがもつ利点をいかした新たな治療法を提案する。とりわけ、医療現場で定着しているカテーテル治療を応用して、ELAS1を装備した次世代腫瘍溶解性ウイルスを癌組織まで運ぶという画期的なアイディアの実現を目指している。

インタビューを読む
糖鎖をミミックした合成物を探索し、抗血管新生阻害薬の開発につなげたい

理化学研究所 グローバル研究クラスタ 理研‐マックスプランク連携研究センター
疾患糖鎖研究チーム 副チームリーダー 北爪しのぶ

細胞表面をびっしり覆う「糖鎖」には遺伝子やタンパク質に比べて未解明の領域が多いという。その糖鎖を長年にわたり研究してきた北爪研究員は糖鎖の最先端につくシアル酸のなかに血管新生阻害にかかわるものがあることを解明し、糖鎖をミミックした合成物の探索に着手した。はるか先に描くのは新たな抗血管新生阻害薬の誕生だ。

インタビューを読む
がん細胞における細胞外基質の硬さと浸潤能との関係を追究していく

北海道大学 大学院先端生命科学研究院 教授 芳賀 永
がんで亡くなる方の9割近くは転移によるとされるなか、物理学の視点から細胞の動きを研究し続けてきた芳賀教授は、がん細胞の動きとストレスを受けて悪性化する現象に注目し、そのメカニズムや原因を追究しつづけている。がん細胞の浸潤・転移していく動きが解明できれば、新たながん治療につながるはずとの期待をもって。

インタビューを読む
大豆イソフラボンの前立腺がん予防効果−科学的な解明から、世界規模の予防戦略へ

甲南大学 フロンティアサイエンス学部 講師 川内 敬子
がんの悪性度の基準のひとつに「原発巣から他組織へ浸潤する力(浸潤能)」がある。浸潤能が細胞内のアクチン骨格の状態変化と関与することは広く知られるが、川内博士はここにp53によるミトコンドリアの制御が深く関わることを世界ではじめて明らかにした。

インタビューを読む
独自に作製したヒト化マウスを使ってエイズ関連悪性リンパ腫を研究

熊本大学 エイズ学研究センター 岡田プロジェクト研究室 教授 岡田 誠治
岡田教授は、免疫をほとんどもたないマウスを独自に開発し、これに様々なヒト細胞を移植してヒト化マウスを作製している。これらのヒト化マウスはエイズ関連悪性リンパ腫の解明をはじめ、今後のがん研究の進展に大きく貢献しそうだ。

インタビューを読む
高リスク型ヒトパピローマウイルス(HPV)が関与する中咽頭がんを病理組織学的な視点から研究

公益財団法人がん研究会 がん研究所 病理部 研究員 古田 玲子
中咽頭のがんには、発がん原因の異なる2つのタイプがあることがわかってきた。高リスク型HPV感染によるHPV関連がんと、喫煙や飲酒などによるHPV非関連がんである。古田研究員は、がん組織を顕微鏡で観察し、HPV関連がんには特異的な異常核分裂像である傍中心体異所性染色体が出現することを明らかにした。病理組織学的に2つのタイプの判定基準を確立することが、がん予防や患者さんへのよりよい治療につながっていく。

インタビューを読む
三次元細胞培養による大腸がん発がんモデルの開発

千葉県がんセンター研究所 発がん制御研究部 部長 筆宝 義隆
ある遺伝子が発がんに関与していることを証明するために、マウスの遺伝子改変モデルがよく用いられる。しかし、これは大変手間のかかる技術である。もっと簡便でしかも応用範囲の広い技術を求め、筆宝部長は5年前に三次元細胞培養を利用した新しいモデルの開発に着手した。

インタビューを読む
ACFを標的とした大腸がんの化学予防

徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 消化器内科学分野 教授 高山 哲治
近年、日本人の大腸がんの罹患率が急増している。中でも、大腸ポリープをもつ人は、がんになるリスクが高く、その対策が急務だ。大腸がんの治療や研究をする高山教授は、化学予防という新たな大腸がんの予防法の確立を目指している。

インタビューを読む
大豆イソフラボンの前立腺がん予防効果−科学的な解明から、世界規模の予防戦略へ

東京大学 先端科学技術研究センター
「総合癌研究国際戦略推進」寄付研究部門 特任教授 赤座 英之

前立腺がんの発症数は欧米で高く日本では低い。その理由を日本人の食物の中に見いだし、がんの予防に結びつけられないだろうか。そう考えた泌尿器科医の赤座特任教授は、大豆イソフラボン中のある成分が腸内細菌によって活性のある物質に変換されることを突き止め、前立腺がんの予防戦略に活かす研究を進めている。

インタビューを読む
がん細胞で異常なタンパク質がつくられるしくみを、「mRNA再スプライシング」現象から探る

藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 遺伝子発現機構学研究部門 教授 前田 明
がん細胞では正常細胞には存在しない異常なタンパク質が多くつくられているが、がんで見られる遺伝子の突然変異だけでは説明できない。前田教授らは「mRNA再スプライシング」という現象ががん細胞で起こっていることを証明。この現象は、がんで異常な転写産物やタンパク質が大規模につくられる原因かもしれない。

インタビューを読む
光マンモグラフィーで、術前化学療法の効果を超早期に判定したい

埼玉医科大学国際医療センター 乳腺腫瘍科 助教 上田 重人
新薬や高度な治療法の開発が進み、早期に発見し早期に治療開始できれば治るがんが増えている。上田助教は、がんを早期発見する診断手法として、近赤外光スペクトロスコピーを用いたイメージング法にいち早く注目し、近赤外分光法(生体内部の吸光特性を測定する方法)を用いた乳房のイメージングシステムを確立した。

インタビューを読む
がん細胞の正常化を促す、白血病の新しい治療法を開発する

東海大学医学部 基盤診療系 再生医療科学 造血腫瘍分野 准教授 幸谷 愛
骨髄移植の普及によって白血病は不治の病ではなくなったが、現行の治療法で治る人がいる一方、残念ながら治らない人もいる。白血病の化学療法には、がん細胞を正常な細胞に戻すというほかのがんにはないユニークな「分化誘導療法」という治療法が存在する。幸谷准教授は、難治性の白血病にも効く新しい分化誘導療法の開発を目指し、基礎研究を進めている。

インタビューを読む
がん細胞だけにアポトーシスを誘導する化学療法の確立を目指す

関西医科大学麻酔科 研究員 山口 龍二
がんの治療薬として分子標的薬が注目されているが、ピンポイントでがん細胞に作用する 薬は、狙う標的が変化すれば効かなくなる。あらゆるタイプのがん細胞をたたき、正常細胞には作用しない薬をつくれないか。山口研究員は、3つの薬剤のコンビネーションにより、新たな化学療法の確立を目指している。

インタビューを読む
がんの微小環境に注目し、骨転移の分子メカニズムに迫る

名古屋市立大学大学院 医学研究科 分子毒性学分野 准教授 二口 充
がんのなかには、原発巣が治っても、長い年月を経た後に骨転移が発生するものが少なくない。転移先のがん細胞は、骨を壊す破骨細胞を誘導して自らが成長できるスペースを作り、骨を新生するための成長因子を利用して大きくなる。骨組織という特殊な環境に適応するための巧妙なメカニズムが明らかにされつつある。

インタビューを読む
染色体工学技術を駆使して、発がん機構を解明する

鳥取大学大学院医学系研究科/鳥取大学染色体工学研究センター 准教授 久郷 裕之
染色体工学を活用したがん研究の過程でテロメラーゼ活性抑制遺伝子の同定に成功。最先端の染色体工学技術を用いて発がん機構の解明やがん治療薬の発見、そして再生医療の発展にも寄与していきたい。

インタビューを読む
がん細胞と免疫細胞の相互作用を徹底的に解明し、新規治療の開発につなげる

北海道大学遺伝子病制御研究所 感染癌研究センター 准教授 地主 将久
在米中にがん免疫研究での新たな視点に衝撃を受け がん細胞と免疫細胞のコミュニケーションを自らも追求しつづけてきた。発がん促進マクロファージに悪性転換する機構や抗がん剤耐性を誘導する免疫細胞由来の分子同定など、免疫細胞とがん細胞のクロストークの解明はまだまだ続く。

インタビューを読む
がん細胞を長波長で赤く光らせ、生きたまま体外から観察する

電気通信大学大学院 情報理工学研究科 助教 牧 昌次郎
今や転移のない原発がんの多くは治る時代になり、残る課題は転移をいかに防ぎ、転移したがんをいかに治療するかという点にある。電気通信大学の牧昌次郎助教らは、ホタル由来の発光基質を改変することで、長波長の赤い光を出す化合物を作ることに成功した。

インタビューを読む
iPS細胞からがん幹細胞モデルを作成・樹立し、その応用をめざす

岡山大学大学院 自然科学研究科 ナノバイオシステム分子設計学 教授 妹尾 昌治
がん細胞に分化する元の「がん幹細胞」はどの段階で発生するのか。iPS細胞を手がかりに「がん幹細胞」の発生メカニズムが分かれば、さまざまながん研究に応用できるだろうとユニークな試みを企画した。

インタビューを読む
副作用の少ない抗がん剤開発を目指して肺や膵臓の内分泌がんに深く関わるがん抑制遺伝子PHLDA3の機能解明に挑む

国立がん研究センター研究所 難治がん研究分野 研究員 大木 理恵子
正常な細胞がどのようにがん化するのかというシンプルな問いにも十分な答えを持っていないのが実情だ。がん化の機序を解き明かすことで明日の医療に貢献。その純粋な情熱が研究のモチベーションになっている。

インタビューを読む
低酸素・低栄養に抵抗性な癌細胞を標的とした新規制癌法

東京大学先端科学技術研究センター システム生物医学分野 特任助教 大澤 毅
がんの増殖と転移に重要な役割を果たす腫瘍血管新生。その増殖因子が発生する状態は、低酸素という条件だけでなく、低栄養という条件も不可欠であることを検証。がんの悪性化や治療抵抗性のメカニズムを血管生物学の視点から解明したい。

インタビューを読む
胃がん早期発見への貢献はもちろんのこと胃がん以外のマーカー開発にもつなげたい

東京大学大学院医科学系研究科 消化管外科学 准教授 医学博士 野村 幸世
胃がんの前がん病変をテーマとする研究者として血清TFF3の起源を探ししつづける毎日は、消化管外科を専門とする臨床医としての毎日でもある。胃がん検診へのハードルをもっと下げられないか?他のがんへのバイオマーカーにならないか?基礎研究と臨床それぞれの立場からTFF3に潜む可能性を追い求める。

インタビューを読む
新規クルクミン誘導体に潜む分子標的薬への可能性を追求したい

秋田大学大学院医学系研究科 臨床腫瘍学講座 教授 柴田 浩行
腫瘍内科医として化学療法を行いながらもよりよい治療の道はないかと模索する日々のなか、偶然であったクルクミンとその誘導体に、新たな分子標的薬の可能性を見出した。さまざまな課題を一つひとつクリアしながら今日も創薬への長い道を突き進む。

インタビューを読む
中皮腫の早期診断から治療戦略まで国際貢献できるモデルをつくりたい

順天堂大学医学部 病理・腫瘍学講座 教授 樋野 興夫
アスベスト曝露による中皮腫が耳目をひくなり、いち早く専門外来を設置して早期診断・治療に取り組んできた。独自に開発したマーカーで高リスクグループをフォローアップし、中皮腫の早期診断から治療までのモデルづくりに力を注ぐのは、環境発がんの研究こそが日本にできる国際貢献という確信があるからだ。

インタビューを読む
難治性の脳腫瘍である膠芽腫(こうがしゅ)を克服し、患者さんのQOL(生活の質)を向上させたい

熊本大学 医学部附属病院 脳神経外科 助教 秀 拓一郎
悪性度の高い膠芽腫の治療と向き合ってきた脳外科医として、膠芽腫を克服し患者さんのQOL向上に貢献したいという思いが研究者でもある自分を支えている。これからも臨床と研究の両面からアプローチし、膠芽腫の新たな治療薬の開発とマーカー発見につなげたい。

インタビューを読む
臨床現場で使える生体蛍光分子イメージング法を開発 治療が難しい悪性脳腫瘍の外科的手術法をサポートして、患者さんのQOLをさらに改善したい。

理化学研究所 オミックス基盤研究領域 上級研究員 石川 智久
生体内にある多剤耐性トランスポーターを長年にわたり追究しつづけて、治療が最も難しい癌の1つである悪性脳腫瘍の外科的切除に光学的手法を応用しようと試みている。医師にとって如何に手術を行いやすくできるか、患者にとって如何に術後のQOLを良くしてあげられるか。ヒト生命の尊厳にこだわり、さらなる基礎研究と臨床応用にエネルギーを注ぐ。

インタビューを読む

一個の細胞のかたちを決める細胞極性タンパク質から組織のかたちの形成維持機構に迫る

横浜市立大学 大学院医学研究科 分子細胞生物学 教授

大野 茂男

インタビューを読む

遺伝性乳がんの発がんメカニズムと細胞の中心体制御能との関連を探る

東北大学加齢医学研究所 腫瘍生物学分野 教授

千葉 奈津子

インタビューを読む

がん幹細胞モデルを駆使し、がんの免疫回避や血管複合体形成の謎に迫る

慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所
遺伝子制御研究部門 教授

佐谷 秀行

インタビューを読む

脱ユビキチン化異常による、クッシング病発症のメカニズムに迫る!

東京工業大学大学院 生命理工学研究科
生体システム専攻 教授

駒田 雅之

インタビューを読む

多色細胞系譜追跡法が可能にする、がん幹細胞の同定と動態解析

関西医科大学 医学部 病理学第一講座 教授

上野 博夫

インタビューを読む
前川 平

白血病幹細胞や骨髄ニッチをターゲットにした治療法を開発し、白血病の再発を防ぐ

京都大学 大学院医学研究科 輸血細胞治療部 教授

前川 平

インタビューを読む
石井 秀始

がん幹細胞を標的としたアカデミア創薬

大阪大学 大学院医学系研究科
癌創薬プロファイリング学 特任教授

石井 秀始

インタビューを読む
森下 和広

成人T細胞白血病の発症に関わる遺伝子異常を明らかに

宮崎大学 医学部 機能制御学講座腫瘍生化学分野 教授

森下 和広

インタビューを読む
瀬谷 司

免疫賦活剤“アジュバント”を開発し、がんワクチン療法の効果を高める

北海道大学 大学院医学研究科 免疫学分野 教授

瀬谷 司

インタビューを読む
近藤 豊

エピゲノムをターゲットにしたがんの診断法と治療法の開発

名古屋市立大学 大学院医学研究科 遺伝子制御学分野 教授

近藤 豊

インタビューを読む
石井 優

生体イメージングでがんの浸潤や転移の機構を探る

大阪大学大学院医学系研究科/生命機能研究科 教授

石井 優

インタビューを読む
宮園 浩平

がんの敵から味方へと変化する分子TGF-βの研究で、新たながん治療を目指す

東京大学 大学院医学系研究科
研究科長・分子病理学分野 教授

宮園 浩平

インタビューを読む
神奈木 真理

原因ウイルス感染後の免疫制御で成人T細胞白血病の発症予防を目指す

東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 免疫治療学分野 教授

神奈木 真理

インタビューを読む
井上 純一郎

がん幹細胞を維持する機構を解明し、悪性乳がんの治療法開発を目指す

東京大学 医科学研究所 分子発癌分野 教授

井上 純一郎

インタビューを読む
折茂 彰

がん転移を促進するがん間質のしくみを探る

順天堂大学 医学部 病理・腫瘍学 准教授

折茂 彰

インタビューを読む
柴田 龍弘

がんゲノムとRNA分子の総合的な解読からがんの謎を解く

国立がん研究センター研究所 ゲノム研究グループ がんゲノミクス研究分野 分野長

柴田 龍弘

インタビューを読む
豊國 伸哉

過剰な鉄ががんを引き起こすメカニズムを個体レベルで明らかに

名古屋大学大学院医学系研究科 生体反応病理学 教授

豊國 伸哉

インタビューを読む
鈴木 聡

がん抑制遺伝子の機能解析から、新たながん治療戦略を提示する

九州大学生体防御医学研究所 ゲノム機能制御学部門 ゲノム腫瘍学分野 教授

鈴木 聡

インタビューを読む
田中 知明

p53の多彩な機能の解明へ

千葉大学大学院医学研究院 細胞治療内科学 講師

田中 知明

インタビューを読む
花岡 文雄

DNAの損傷を乗り越え、そのまま複製を進めるポリメラーゼを発見!その多彩な機能を探る

学習院大学 理学部 生命科学科 教授

花岡 文雄

インタビューを読む
菊池章

「上皮から成る管」の形成基盤を明らかにし、がんの浸潤や転移のしくみにもせまる

大阪大学大学院 医学研究科 分子病態生化学 教授

菊池 章

インタビューを読む
大谷直子

細胞老化の二面性
−がん抑制とがん促進−

公益財団法人がん研究会 がん研究所
がん生物部 主任研究員

大谷 直子

インタビューを読む
田中英夫

大規模な集団を対象に、環境要因、遺伝子型と発がんの関連を探る

愛知県がんセンター研究所
疫学・予防部 部長

田中 英夫

インタビューを読む
永瀬 浩喜

広い視野で培った創薬研究と技術力で、新たながん治療の開発をめざす

千葉県がんセンター 研究所長

永瀬 浩喜

インタビューを読む
今村 健志

生体内のがん細胞をリアルタイムでイメージング

愛媛大学 大学院医学系研究科
分子病態医学分野 教授

今村 健志

インタビューを読む
後藤 典子

乳がんと肺がんに役立つバイオマーカー、分子標的の開発をめざす

東京大学 医科学研究所 分子療法分野/がん分子標的研究グループ 旧システム生命医科学技術開発共同研究ユニット
特任准教授

後藤 典子

インタビューを読む
田原 栄俊

がん細胞に老化を誘導するmiRNAを同定し、次世代型のがん治療薬と診断マーカーを開発したい

広島大学 大学院医歯薬学保健学研究院 教授

田原 栄俊

インタビューを読む
稲葉 俊哉

長年の白血病研究と放射線研究で蓄積されたデータから人々がもつ「放射線と発がん」の不安に応えていきたい

広島大学 原爆放射線医科学研究所 副所長
がん分子病態研究分野 教授

稲葉 俊哉

インタビューを読む
河上 裕

ヒト免疫ネットワークを解析し、より効果の高いがん免疫療法の実現へ

慶應義塾大学 医学部
先端医科学研究所 所長
細胞情報研究部門 教授

河上 裕

インタビューを読む
齋藤 義正 准教授

消化器がん発症の分子機構を解明して革新的な治療法の開発をめざす

慶應義塾大学 薬学部 薬物治療学講座
准教授

齋藤 義正

インタビューを読む
矢守 隆夫 部長

新しい抗がん剤の開発と分子薬理研究の発展

公益財団法人 がん研究会
がん化学療法センター 部長

矢守 隆夫

インタビューを読む
中村 貴史 特任准教授

ウイルスで新しいがん療法の開発をめざす

鳥取大学 大学院医学系研究科 准教授

中村 貴史

インタビューを読む
Beate Heissig(ベアーテ・ハイジッヒ) 特任准教授

酵素の機能コントロールでがん増殖を抑制する

東京大学 医科学研究所
幹細胞治療研究センター
幹細胞ダイナミクス解析分野 准教授

Beate Heissig(ベアーテ・ハイジッヒ)

インタビューを読む
森 正樹 教授

消化器がんへ革新的な医療を

大阪大学 大学院
医学系研究科消化器外科学 教授

森 正樹

インタビューを読む
畠山 昌則 教授

ピロリ菌感染による発ガンの制御

東京大学 大学院医学系研究科・医学部
病因・病理学専攻 微生物学講座 教授

畠山 昌則

インタビューを読む
宮野 悟 教授

スパコンでがんのシステムを暴き、がんを御すシステムがん研究

東京大学 医科学研究所 教授

宮野 悟

インタビューを読む
高倉 伸幸 教授

血管領域でがんを潰す

大阪大学 微生物病研究所 情報伝達分野
教授

高倉 伸幸

インタビューを読む
スポットライト

早期鑑別困難なGISTの血清マーカー開発と増殖転移能の解明を目指す

香川大学 医学系研究科 消化器神経内科講座 講師

小原 英幹

インタビューを読む

スポットライト

「転移の芽」となるがん細胞を分子レベルで解析する

神戸大学大学院医学研究科 分子細胞生物学分野
准教授

下野 洋平

インタビューを読む

スポットライト

病理画像をデータ化して予後診断や新たながん治療に役立てたい

信州大学医学部病理組織学講座
助教

山本 陽一朗

インタビューを読む

スポットライト

がん細胞における細胞外基質の硬さと浸潤能との関係を追究していく

北海道大学 大学院先端生命科学研究院
教授

芳賀 永

インタビューを読む

スポットライト

長鎖ncRNAを、放射線治療の効果予測マーカーに用いる

東京大学医学部附属病院 病理部
特任助教

宮川 隆

インタビューを読む

スポットライト

糖鎖をミミックした合成物を探索し、抗血管新生阻害薬の開発につなげたい

理化学研究所 グローバル研究クラスタ 理研‐マックスプランク連携研究センター 疾患糖鎖研究チーム
副チームリーダー

北爪しのぶ

インタビューを読む

スポットライト

ELAS1のアポトーシス亢進能を応用し新規がん治療の開拓を目指す

大阪大学微生物病研究所 教授

野島 博

インタビューを読む

スポットライト

RASによるがん悪性化に、p53を介したアクチン細胞骨格の変化がブレーキをかける道筋を解明!

甲南大学 フロンティアサイエンス学部 講師

川内 敬子

インタビューを読む

スポットライト
岡田 誠治

独自に作製したヒト化マウスを使ってエイズ関連悪性リンパ腫を研究

熊本大学 エイズ学研究センター 岡田プロジェクト研究室 教授

岡田 誠治

インタビューを読む

スポットライト
古田 玲子

高リスク型ヒトパピローマウイルス(HPV)が関与する中咽頭がんを病理組織学的な視点から研究

公益財団法人がん研究会 がん研究所 病理部 研究員

古田 玲子

インタビューを読む

スポットライト
筆宝 義隆

三次元細胞培養による大腸がん発がんモデルの開発

千葉県がんセンター研究所 発がん制御研究部 部長

筆宝 義隆

インタビューを読む

スポットライト
高山 哲治

ACFを標的とした大腸がんの化学予防

徳島大学 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 消化器内科学分野 教授

高山 哲治

インタビューを読む

スポットライト
赤座 英之

大豆イソフラボンの前立腺がん予防効果−科学的な解明から、世界規模の予防戦略へ

東京大学 先端科学技術研究センター「総合癌研究国際戦略推進」寄付研究部門 特任教授

赤座 英之

インタビューを読む

スポットライト
前田 明

がん細胞で異常なタンパク質がつくられるしくみを、「mRNA再スプライシング」現象から探る

藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 遺伝子発現機構学研究部門 教授

前田 明

インタビューを読む

スポットライト
上田 重人

光マンモグラフィーで、術前化学療法の効果を超早期に判定したい

埼玉医科大学国際医療センター 乳腺腫瘍科 助教

上田 重人

インタビューを読む

スポットライト
幸谷 愛

がん細胞の正常化を促す、白血病の新しい治療法を開発する

東海大学医学部 基盤診療系 再生医療科学 造血腫瘍分野 准教授

幸谷 愛

インタビューを読む

スポットライト
山口 龍二

がん細胞だけにアポトーシスを誘導する化学療法の確立を目指す

関西医科大学麻酔科 研究員

山口 龍二

インタビューを読む

スポットライト
二口 充

がんの微小環境に注目し、骨転移の分子メカニズムに迫る

名古屋市立大学大学院 医学研究科
分子毒性学分野 准教授

二口 充

インタビューを読む

スポットライト
久郷 裕之

染色体工学技術を駆使して、発がん機構を解明する

鳥取大学大学院医学系研究科/
鳥取大学染色体工学研究センター 准教授

久郷 裕之

インタビューを読む

スポットライト
地主 将久

がん細胞と免疫細胞の相互作用を徹底的に解明し、新規治療の開発につなげる

北海道大学遺伝子病制御研究所
感染癌研究センター 准教授

地主 将久

インタビューを読む

スポットライト
牧 昌次郎

がん細胞を長波長で赤く光らせ、生きたまま体外から観察する

電気通信大学 大学院
情報理工学研究科 助教

牧 昌次郎

インタビューを読む

スポットライト
妹尾 昌治

iPS細胞からがん幹細胞モデルを作成・樹立し、その応用をめざす

岡山大学 大学院 自然科学研究科
ナノバイオシステム分子設計学 教授

妹尾 昌治

インタビューを読む

スポットライト
大木 理恵子

副作用の少ない抗がん剤開発を目指して肺や膵臓の内分泌がんに深く関わるがん抑制遺伝子PHLDA3の機能解明に挑む

国立がん研究センター研究所・難治がん研究分野・研究員

大木 理恵子

インタビューを読む

スポットライト
大澤 毅

低酸素・低栄養に抵抗性な癌細胞を標的とした新規制癌法

東京大学 先端科学技術研究センター
システム生物医学分野 特任助教

大澤 毅

インタビューを読む

スポットライト
野村 幸世

胃がん早期発見への貢献はもちろんのこと胃がん以外のマーカー開発にもつなげたい

東京大学 大学院医科学系研究科
消化管外科学 准教授 医学博士

野村 幸世

インタビューを読む

スポットライト
柴田 浩行

新規クルクミン誘導体に潜む分子標的薬への可能性を追求したい

秋田大学 大学院医学系研究科
臨床腫瘍学講座 教授

柴田 浩行

インタビューを読む

スポットライト
樋野 興夫

中皮腫の早期診断から治療戦略まで国際貢献できるモデルをつくりたい

順天堂大学 医学部
病理・腫瘍学講座 教授

樋野 興夫

インタビューを読む

スポットライト
秀 拓一郎

難治性の脳腫瘍である膠芽腫(こうがしゅ)を克服し、患者さんのQOL(生活の質)を向上させたい

熊本大学 医学部附属病院
脳神経外科 助教

秀 拓一郎

インタビューを読む

スポットライト
石川 智久

臨床現場で使える生体蛍光分子イメージング法を開発

理化学研究所
オミックス基盤研究領域 上級研究員

石川 智久

インタビューを読む