研究紹介

メッセージ

このホームページは、文部科学省の科学研究費補助金(科研費)によってサポートされる、我が国のがん研究活動の一環として作製されたものです。がんは、今や日本人の最大の死亡原因であり、現在では3人に1人が、近い将来には国民の半数ががんにより死亡する事態が予測されております。がんの罹患率を下げ、がんによる生命の危機と生活の質の低下から身を守るためには、医療技術の絶え間ない向上と革新が重要であることは言うまでもありません。その為には、将来を見据えた基礎的な研究や、基礎研究と医療の現場との橋渡しをする研究がこれまで以上に望まれます。

我が国では、今も数多くの研究者たちが、「がんとは何か?」「がんを予防するには何が大切か?」「がんはなぜ人を死に至らしめるのか?」「がんを根治させるより良い治療方法はあるか?」等々の問いを自らに課して、日夜解決の鍵を求めております。

我が国のがん研究は、これまでに国の「対がん10カ年総合戦略(第1〜3次)」に基づいて文部科学省科研費から大きな支援を受けて数多くの成果を挙げてきました。この歴史を受け継いで、平成22年度より「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」が開始されました。この活動では、がん研究者の研究活動を支援するとともに、国民の皆様にがん研究活動の状況・成果について、充分な理解と科学に対する興味を持って頂くことを目指しております。

本ホームページでは、現在最先端にあるがん研究を紹介して、基礎研究の成果が、どのように明日のがん診療に役立てられるか、わかりやすく理解して頂けるよう解説したいと考えます。また、本支援活動が毎年行っている、青少年市民公開講座の様子等も紹介して、研究者と一般市民の皆様とのコミュニケーションの促進に役立てたいと考えております。