概要・活動内容

ニュース
平成26年度「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」 支援説明会・公開シンポジウム開催  
平成26年8月21日(木)

本支援活動の説明会および公開シンポジウムを以下の要領で開催致します。

日程 平成26年8月21日(木) 10:30〜16:30
会場 一橋講堂(学術総合センター)  〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
ご利用案内:guide.pdf
会場アクセス:accsess.pdf
参加申込み方法 ※本説明会およびシンポジウムは終了いたしました。
プログラムダウンロード プログラム:program.pdf
PDFダウンロード poster.jpg ポスター:poster.pdf

【支援説明会】

8月21日(木)
10:30〜10:40 開会挨拶
10:40〜10:50 「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」の概要について 研究代表者 今井 浩三
10:50〜11:40 各支援活動班・委員会説明会

10:50〜10:55 
総括支援活動班 班長 中村 卓郎
広報委員会 委員長 中村 卓郎

10:55〜11:00
企画委員会 委員長 宮園 浩平

11:00〜11:05
国際交流委員会 委員長 石川 冬木
青少年・市民公開講座実施委員会 委員長 石川 冬木

11:05〜11:10
若手支援委員会 委員長 稲澤 譲治

11:10〜11:15
個体レベルでのがん研究支援活動班 班長 山村 研一

11:15〜11:20
がん疫学・予防支援活動班 班長 田中 英夫

11:20〜11:25
がん疫学・予防支援活動班(HTLV-I分野) 班長 神奈木 真理

11:25〜11:30
臨床診断研究支援活動班 班長 醍醐 弥太郎

11:30〜11:35
化学療法基盤支援活動班 班長 矢守 隆夫

11:35〜11:40
ゲノム・エピゲノム解析支援活動班 班長 時野 隆至
11:40〜11:45 質疑・応答

【シンポジウム】

12:50〜13:00 挨拶
13:00〜14:30 シンポジウム1 「がん研究:最近のトピック(1)ゲノム編集によるノックアウト」
座長:
八尾 良司 
がん研究会・がん研究所・細胞生物部
高橋 智 筑波大学 医学医療系 解剖学・発生学/筑波大学生命科学動物資源センター

13:00〜13:30 ゲノム編集を利用した培養細胞や動物での遺伝子改変
山本 卓(広島大学大学院理学研究科 数理分子生命理学専攻)

13:30〜14:00 CRISPR/Casを用いたマウスゲノム編集と表現型解析
伊川 正人(大阪大学・微生物病研究所 附属感染動物実験施設)

14:00〜14:30 CRISPR/Casを用いたマウスゲノム編集の実際
高橋 智(筑波大学 医学医療系 解剖学・発生学/筑波大学生命科学動物資源センター)
14:30〜14:50 コーヒーブレイク
14:50〜16:20 シンポジウム2 「がん研究:最近のトピック(2)エクソソーム」
座長:
落谷 孝広 
国立がん研究センター研究所 分子細胞治療研究分野
田原 栄俊 広島大学大学院医歯薬保健学研究院・細胞分子生物学研究室

14:50〜15:20 エクソソームによる癌のLiquid Biopsyの実現に向けて
落谷 孝広(国立がん研究センター研究所 分子細胞治療研究分野)

15:20〜15:50 老化誘導型核酸医薬の開発に向けて
田原 栄俊(広島大学大学院医歯薬保健学研究院・細胞分子生物学研究室)

15:50〜16:20 ナノバイオデバイスによるエクソソームおよび体液中miRNA解析
馬場 嘉信(名古屋大学大学院工学研究科 革新ナノバイオデバイス研究センター/産総研 健康工学研究部門)
16:20〜16:30 閉会挨拶

開催当日の様子