概要・活動内容

ニュース
平成24年度「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」説明会/公開シンポジウム開催  
平成24年8月8日(水)

本支援活動の説明会(支援研究者を対象)および公開シンポジウムを以下の要領で開催致します。

会 期 平成24年8月8日(水) 10:30〜16:20
会 場 学術総合センター 一橋記念講堂
(〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
ご利用案内:pamphlet.pdf
会場アクセス:accsess.pdf
プログラムダウンロード プログラム:program.pdf
ポスターダウンロード
ポスター【PDF:1.2MB】

8月8日(水)
10:30〜10:40 開会挨拶 文部科学省
10:40〜10:50 「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」の概要について
研究代表者 今井 浩三
10:50〜11:50 各支援活動班・委員会説明会
※がん支援活動の支援対象研究者へご参加いただきます。
総括支援活動班
班長
中村 卓郎
広報委員会
委員長
中村 卓郎
企画委員会
委員長
宮園 浩平
国際交流委員会
委員長
石川 冬木
青少年・市民公開講座実施委員会
委員長
石川 冬木
若手支援委員会
委員長
稲澤 譲治
個体レベルでのがん研究支援活動班
班長
山村 研一
がん疫学・予防支援活動班
班長
田中 英夫
がん疫学・予防支援活動班(HTL-V班)
班長
神奈木 真理
臨床診断研究支援活動班
班長
醍醐 弥太郎
化学療法基盤支援活動班
班長
矢守 隆夫
11:50〜12:00 質疑・応答
12:00〜13:00 昼食
13:00〜16:20 公開シンポジウム
13:00〜14:20
若手シンポジウム1(座長:稲澤譲治、小川誠司)
蟹江 共春
(九州大学)
「サイクリンD1を制御するユビキチンリガーゼの遺伝学的再検証」
中澤 侑也
(がん研究会/エーザイ)
「The novel metastasis promoter Merm1 /
Ebscr22 enhances tumorcell survival in the vasculature by suppressing p53-dependent apoptosis」
永井 裕崇
(名古屋大学)
「多層カーボンナノチューブの直径と剛性は、中皮細胞傷害と中皮腫形成に重要な因子である。」
高橋 暁子
(がん研究会)
「細胞老化における炎症性サイトカインのエピジェネティックな誘導機構」
14:20〜14:50
休憩(コーヒーブレイク)
14:50〜15:30
若手シンポジウム2(座長:河野隆志、今村健志)
吉田 健一
(東京大学)
「骨髄異形成症候群における新規パスウェイ変異」
西條 將文
(大阪大学)
「紫外線高感受性症候群の原因遺伝子の同定とDNA修復における機能の解析」
15:30〜16:10
特別講演 (座長:宮園浩平)
間野 博行(東京大学/自治医科大学)
   演題「肺がん遺伝子EML4-ALKの発見と分子標的療法の実現」
16:10〜16:20 閉会挨拶